脇のニオイ 抑える 方法

MENU

脇のニオイを抑える方法

ワキガ ニオイ

 

ワキガや脇のニオイ、これを抑える方法はあります。出来るだけニオイをさせない為にはどういった事をすればいいのでしょうか?

 

 

【目次】

  1. 汗のニオイがする理由
  2. ワキガと汗クサいは違うけど、、
  3. 汗はどれくらい放置するとクサくなる?
  4. 汗が臭わない為の対策(トイレのたびに習慣づける)

 

汗のニオイがする理由

 

汗がなぜ臭うの?という疑問があると思うのですが、汗クサいニオイと、ワキガのニオイというのは全く違います。しかし、汗クサいのもほうっておくことで悪臭です。また、ほとんどの場合、自分のニオイというのは気付きませんし、人も指摘してくれることはないため、陰口を叩かれれている状態が続いてきます。

 

 

汗がなぜ臭いのかというと、皮膚の上にある常在菌が増えるためです。この常在菌が増えるときに、汗、垢、皮脂を栄養にして増えるのですが、このカスがアンモニア臭がするわけですね^^;

 

 

これが汗臭いというニオイになります。この汗臭いというのは、普段の食生活、ストレスなどによって全くニオイが変わってきます。

 

 

更に、この普通の汗に加えてアポクリン汗腺から出る汗が多少でも混じれば、かなりの体臭になるのです。ワキガの人はこのアポクリン汗腺が多い為に臭いがきつくなります。

 

ワキガと汗クサいは違うけど、、

 

確かにワキガのニオイと汗臭いニオイは全く違いますが、それも放置することでかなりの悪臭になるのは間違いありません。

 

 

ワキガではなくても、普通の汗をかくだけで、放置すると菌が増えていきます。なぜなら菌は汗や皮脂、垢をエサにしてい増殖するからです。ですので、汗臭さや人を不快にさせる体臭をカバーするには、普段からしっかりとケアしておく必要があるのです。

 

汗はどれくらい放置するとクサくなる?

 

体臭の原因の汗ですが、どれくらい身体に付くとクサくなるのか?例えばですが、普通に汗を拭き取る事ができれば汗臭いニオイを人に知られることはありません。

 

 

しかし、皮膚の上に6時間程度放置されていると悪臭がしてくるらしいです^^;

 

 

エクリン汗腺からの汗(無臭、透明)にしても、アポクリン汗腺の汗(ニオイの元の成分がある、黄色)にしても、元々どちらの汗も汗自体が臭う事はありません。ですので、汗をそのままにするというのが一番ダメな所ですね^^;

 

 

いくら身体をキレイにしておいても、ワキに汗をかいたままにしておけば、エクリン汗腺、アポクリン汗腺両方の汗がドンドンと菌を増やしていくため、なんともいえない不快なニオイを発する可能性があるのです。

 

汗が臭わない為の対策(トイレのたびに習慣づける)

 

という事で、ワキガではなくても、汗臭いとか体臭がキツイと思っている方は、トイレにいくたびに汗をキレイに拭き取るという事をしておくといいでしょう。

 

 

これを習慣にすると、いつも汗を皮膚の上に出来るだけ置かない状況に出来ますので、菌が増えない状態になります。汗が臭くなるのは6時間ですので、その前にトイレでしっかりと汗を拭き取る。

 

 

そして、消臭グッズ(デオドラント)でしっかりと脇をガードします。消臭、制汗、殺菌をしてくれるデオドラントをしっかりと塗ることで、体臭や汗がまったく臭わない状態をキープしてくれると思いますよ^^。