ワキガ 不快 体臭

MENU

エクリン汗腺の汗でも体臭になる

ワキガ ニオイ

ワキガはアポクリン汗腺の汗ですが、エクリン汗腺の無臭の汗でも、人を不快にする可能性があります。

 

 

このページではエクリン汗腺の汗がクサくなる場合について書いてみます。

 

【目次】

  1. エクリン汗腺は無臭
  2. エクリン汗腺に含まれるミネラル

 

エクリン汗腺は無臭

 

エクリン汗腺ですが、基本は汗自体は殆どが水です。水ですので、ニオイがありません。ニオイがないのですが、それは汗の話であり、放置しておく(汗をかきっぱなし)と当然臭くなります。

 

 

なぜクサくなるかですが、汗自体が臭くなくても、肌の上にいる常在菌は、『汗、垢、皮脂をエサにしている』為に、汗をかくことで一気に菌が増えて行く事が出来ます。この常在菌が増える段階で、分解する時に『アンモニアに似たニオイ』を発します。

 

 

つまり、ワキガはアポクリン汗腺の『ニオイが出る汗』のニオイですが、エクリン汗腺は無臭でも汗の放置とその時の肌の状態でクサくなるんですね。

 

 

肌の状態というのは、『不潔にしている、洗いすぎて肌の善玉菌がいない状態』になっている場合は、汗がクサイ状態になります。

 

エクリン汗腺に含まれるミネラル

 

エクリン汗腺の汗は、殆どが水でニオイがしないのですが、若干ミネラルが含まれていると言われています。

 

 

私たちも、ヨガやジョギングの汗はサラサラして気持ちいいけど、電車とかでは嫌な汗(生汗、、)をかく感じを感じることがあります。その感覚的なものが汗にミネラルを含んでいるかどうかになります。

 

 

ミネラルが少ない良い汗の場合、肌が弱酸性に保たれ、常在菌の善玉菌で汗の分解もいい匂いになるのですが、ミネラルが多い状態の悪い汗であれば、肌がアルカリ性に傾きます。

 

 

菌がミネラルが多ければ多いほどアルカリ性になるために繁殖するので、悪臭の原因にナリます。

 

 

普段の状態で抗菌、制汗などのケアをする事で、そういった菌の増殖を防ぐというのがワキガクリームなどの役目なのです。

 

 

自分で汗を『良い汗を出そう、悪い汗を出そう』なんてコントロールする事は出来ません。ですので、普段の生活で汗をかいても皮膚の上の状態を良くしておく必要があるのです。

 

 

当サイトで勧めているワキガクリームは、アポクリン汗腺のワキガ臭だけではなく、エクリン汗腺の汗の放置でも悪臭を出さないように、抗菌、殺菌効果の高いものです。

 

 

自分がワキガではないという安心感で、何もニオイ対策をしないのはダメです。しっかりと普段のケアを心がける必要があると思います^^。