脇 ニオイ 対策

MENU

ワキガ臭、脇のニオイケアについて

ワキガ ニオイ

 

 

ワキガ臭がする女性は普段からのニオイケアをする必要があります。

 

 

ワキガのニオイ、脇のクサい感じ、、どれも相手にとっては不快ですのでしっかりとケアをしていきましょう。

 

【目次】

  1. ワキガ、体臭は自分では殆ど気付かない
  2. 汗の臭いとワキガの違い
  3. エクリン汗腺の汗からでも臭い(ニオイ)はあるので注意
  4. ワキ臭、体臭を抑えるケア

 

ワキガ、体臭は自分では殆ど気付かない

 

自分の脇のニオイとか、体臭は殆ど自分で気付くことがありません。なぜなら24時間自分の体臭を嗅いでいるために、ニオイに慣れているからです。ですので、まず自分の臭いは人の何倍も注意するのがエチケットです。

 

 

脇の臭いがクサいのは、汗でアポクリン汗腺という臭いがする汗があるからであり、誰でも多少の臭いが出るのは仕方がありません。ワキガだから臭いがするというのもありますが、ワキガではない方でも、汗を放置したままでは臭いがキツイのです。

 

 

自分の鼻が慣れていることで自分の臭いを客観的に嗅ぐことが難しいですが、風呂あがりの蒸気で鼻がなれた時に服を臭うとそれが自分の臭いという判断が出来ると言われています。

 

汗の臭いとワキガの違い

 

ワキガは汗を放置して臭いが出るという不潔が原因の汗臭さとは全く違います。

 

 

汗は通常はエクリン汗腺から出る汗とアポクリン汗腺の汗と2つあるのですが、通常はエクリン汗腺の汗は無臭なんですね。このエクリン汗腺から出る汗を放置すると、雑菌や垢、皮脂が繁殖して汗臭いニオイを発します。

 

 

アポクリン汗腺から出る汗がワキガのニオイと私たちが認識しているニオイです。これはエクリン汗腺の汗とは違い、アポクリン汗腺にはニオイの元の成分の『タンパク質、脂質、アンモニア、糖質』が沢山入っている為に、エクリン汗腺と同様に放置しても、汗の質自体が全く異なるためにニオイが強烈になるんです。

 

 

エクリン汗腺、アポクリン汗腺共に汗自体には臭い(ニオイ)は付いていませんが、エクリン汗腺は殆ど水分で臭い(ニオイ)の元がナシ、アポクリン汗腺の汗は臭い(ニオイ)の元がある為に、ワキガの人は通常よりもクサいというワケです。

 

 

ワキガ自体は体質ですので、遺伝様子が強いといえます。

 

エクリン汗腺の汗からでも臭い(ニオイ)はあるので注意

 

また、アポクリン汗腺からの汗が臭い(ニオイ)の元がある、エクリン汗腺は無臭という事をいいましたが、エクリン汗腺の汗も皮膚上で放置する事で悪臭を発します。

 

 

そして、エクリン汗腺からの汗でも、ミネラルが少ないいい汗と、ミネラルが多い悪い汗があります。こういった汗の種類によっても悪臭を出す可能性があるので、普段から汗を皮膚上に残さない努力をする必要があるのです。

 

 

汗が皮膚上に残ることで、皮膚の常在菌が増殖して汗、垢、皮脂を養分にしていきます。その際に『汗臭い、ワキ臭』と呼ばれるアンモニアに似たニオイを発するのです。

 

 

ワキガではなくても、ワキに汗を残しておくことでニオイが出ることがあります。また、アポクリン汗腺から出る汗も混ざり、独特のニオイを発します。

 

ワキ臭、体臭を抑えるケア

 

ニオイを抑えるには、消臭と制汗が必要です。必要以上に汗を出すと、それがニオイの元になります。ですので、出来る限り汗を抑えていくこと。それが大事です。

 

 

また、普段から肌を清潔にしておくことで、常在菌も善玉菌だけにする事が出来ます。こういった普段からのケアをしておくことが、体臭を出させにくい体質になるためには重要です。

 

 

以下はワキガ以外にもしっかりと体臭ケアが出来る消臭ケアグッズです。市販のワキガケアグッヅで効果がない方でも、使い勝手、また効果が実感出来るはずです^^。